伝統あるスキーリゾート志賀高原

日本最大規模のウィンターリゾート志賀高原エリアは、上信越高原国立公園内にあり、東洋のサンモリッツと謳われています。

エリア内に点在する大小のスキー場には、多数の人気コースが充実。

白銀に輝く北アルプス連峰を眺めながらの滑走は、贅沢の一言に尽きる体験です。
雪質が良く変化に富んだ地形の志賀高原は、大正時代からスキーが楽しめる地として知られていました。

今探すならこちらの尾瀬ツアーについて紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

昭和初期には6本ほどのコースが整備され、周辺にはいくつかの旅館やヒュッテが立ち並び、今の賑わいの礎が形成されていました。終戦後ほどない頃には、北海道と共に我が国で最初のリフトが建設されるなど、日本スキー史とともに発展してきたエリアでもあります。


伝統あるいくつものゲレンデには、特徴のあるコースが展開、初心者から上級者まで、それぞれの技量に合った滑走を、思う存分楽しむことができます。

バラエティ豊かなゲレンデすべてを滑り尽くすには、かなりの長期滞在をしなければ難しく、効能ある多数の温泉に恵まれていることもあって、熱心なリピーターが数多く存在しています。


スキー同様、歴史と伝統を誇る温泉郷でもある志賀高原では、多種多様な泉質の温泉を楽しむ湯めぐり体験もできます。



とことんスキーを楽しんで、癒しの温泉体験もたっぷり堪能したい場合、相当の連泊が必要。


その実現を夢見る人が熱い想いを寄せるエリアこそが、志賀高原です。
日本有数のウィンターリゾートの名に恥じない、極上のスノーパラダイスと言えます。