交通事故の裁判は弁護士に進めてもらう

交通事故の案件で裁判をしてもらうときには弁護士に手続きを進めてもらったほうがスムースに進みます。前提として知っておかなくてはいけないのは、交通事故に関する案件については裁判よりも示談交渉の方が遥かに手続きとしては多いということです。
では、なぜ示談交渉の方が裁判よりも多いのでしょうか。



それは、示談交渉の方が時間がかからずにすぐに慰謝料を貰うことが出来るからに他なりません。
そもそも、示談と裁判の違いは強制的に法律的な効果を発揮するかそうでないかの違いにあります。

裁判をした場合には、交通事故に関する結果がどうなるにしても相手に対して強制的に慰謝料の支払いを命じることが可能です。

反対に、示談交渉の場合には被害者と加害者側の同意がなければ法律的な効果を付与することが出来ないのです。


理想と言えば、確実に裁判をした方が請求できる慰謝料の金額は大きくなります。

しかし、現実的な話をすれば裁判で相手に対して慰謝料を請求する人はほとんどいません。

togetterはかなり有益な情報が揃っています。

これは、交通事故に関する統計的なデータを見れば明らかで、今まで弁護士に対して依頼をした9割近くの人が裁判ではなく示談交渉を選択しています。

つまり、弁護士に相談をしたときであっても示談の方が速やかに話を終了させることが出来るわけです。

もちろん、被害者によってどうしても大きな金額を相手に支払わせたいときもあります。
このような場合には、弁護士に裁判に関してどのような証拠や手続きが必要なのかをしっかりと聞いておくことが大切になるのです。

弁護士に交通事故を相談についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。